2017年3月21日放送の「あさイチはすご技Qを集めた特別編」新生活応援です
以前2016年11月8日分をまとめての放送です。

朝イチならでの主婦が気になる題材です。
母からバラの花の茎は焼くと聞いていたのですがどうしてなのか理由はしりませんでした。
なるほど~という切花の長持ち方法をしっかり教えて頂きました。
 

切り花の長持ち方法は?

主婦の岡井里香さんは切り花を長持ちさせたいと悩んでいました。
岡井里香さんに普段どおりに花を活けてもらうとボウルに水を溜めています。
昔ボウルに水を溜めて水の中で切ると良いと聞いたのでと切り花をして見せてくれました。
岡井里香さんが花瓶につかっていたのは三角フラスコです。

水を注いだ所で今度は漂白剤を入れます。
漂白剤を入れると長持ちをすると聞いたので。
あさイチの宮下純一さんからも生き物に漂白剤ですか?と質問されますが意に介さずに(漂白剤の)量はふたの半分ぐらいかな?と思って入れています。
違いますかね?
と半信半疑な岡井里香さんですが、スタッフも分からない・・とを返します。

いつもこのまま突っ込んでいました。
溢れてもみんなつかるようにとにかく細い三角フラスコの口に花の茎をギュギュっと押し込みます。

これで完成です。

切り花2日後?

岡井里香さんさんと待ち合わせして、フラスコごと活けた花を持ってきてもらいました。
ダリアの花びらが少ししなしなになってしまいました。

花の長持ちの達人が登場

花道家・上野雄次さんが今回切り花の長持ちの方法を教えてくださいます。
今回技を伝授してくれるのはルールにとらわれない花生けで独自の世界観を作り上げる上野雄次さんです。

切り花の問題点をチェック

花道家・上野雄次さんが岡井さんのしおれた花をチェックしてくださいました。

1.切り花の花瓶

まず注目したのは花瓶の口が狭い事です。
やっぱり窮屈な思いをさせています。
かなり茎が圧迫されていますので水が花にたどり着つくまでの道筋を塞いでいる可能性がある。

2.切り花の水に注目

水に何かお入れになっていますか?
ちょっと多めに漂白剤を入れました。

水を持たせるノウハウとして塩素を高める意味で漂白剤を入れる方法はあります。
どれくらいいれたんですか?
岡井さんはキャップ半分程入れていましたが・・・
適量はどの位?

適量は水1㍑当たり5滴ぐらいです。

岡井さんの三角フラスコは1㍑無いですよね?
これ人間にするとちし量ですよね。

切り花の長持ち方法は砂糖

花を生き活き長持ちするにはこの三角フラスコなら漂白剤1滴で十分です。

そしてこの他に花を長持ちさせたい重要な物がありました。
それは砂糖です。

切り花に砂糖を入れる理由と量は?

ではどうして砂糖を入れるのですか?
砂糖は栄養になります。

分量はどれくらいですか?
水1㍑に対して20g

つぼんでいた花が最後まで開花したり、咲きそうになかったものが大きめの花になったりします。

切り花の問題点3

水切りに間違えやすいポイントとは
植物の茎はストローのような管が束状になっています。
空中で切るとストロー上の管に空気が入って今しまいます。

そうえいば、岡井さんせっかくボールに水を張りながら、茎を切る時に茎が水面からでてしまっていました。

水を吸い上げる管を潰さないようによく切れるハサミを使う。
しっかり水の中で茎切り

少し斜めに切る方が水を吸い上げやすいのでオススメです。

しおれている場合は一工夫

応急処置として水かさの深いものに入れる事で水圧をかけて水をあげて一気に水揚げしていく方法です。

水につける事、1時間後、花びらもピンとしました。
花が元気になってきました。

茎もしっかりとまっすぐになりました。
ここでのポイントは、はなびらが傷んでいたら取り水の中につかる葉っぱも取り除きます。

これは水を腐らせないためなんです。
そして茎の回りに空気が循環するようにゆったり生ける。

ぎゅうぎゅうで入り切らなかった花は小さいグラスに入れて完成です。
この様子を見た岡井さん、スッキリして可愛いです
花もみんな伸び伸びして良いですね!

さらに花を長持ちさせる技は?

花を飾る場所で花の持ち方が違う?

×窓辺に飾る
窓辺や日に当たる場所は花にとって最悪の場所です。
切り花なので光合成をする必要がない。
直射日光による急激な温度変化に耐えられない。
その為に寒暖差の無い所に置くのがベストです。

水切り

ガーベラや茎の柔らかい花は水切りをする時に花瓶の中に入って黒くなった部分(茎の)は腐っている状態なので思い切って黒くなった茎の上を切ってください。

しおれたバラの復活技は?

固い茎で枝ががしおれた場合は?
茎が元気が無いので新聞紙で卷いてまっすぐ立たせた上げた状態で火で炙ります。
しかも黒く成るくらい炭になるくらいまで炙って見てください。
火で炙る事により殺菌効果がアップします。

水に1時間位浸して水切りをします。
それでも元気が無い場合は茎の中に空気が入っている可能性がありますので、茎の先端を数秒、熱湯につけます。
熱湯につける事により茎の中の空気が膨張して外に出てきます。
その状態で水切りをするとぐっと水を吸い上げます。
柔らかい茎と固い茎で復活方法が違うので是非試して見てください。