2017年3月6日放送のヒルナンデス!は「春の新生活応援ウィーク特別企画」

sumo(スーモ)が調べた関東で住みたい街ランキングを紹介します。
是非、引っ越しの参考になさってみてください。

そこでなんと不動産に関する色々な疑問に答えてくれた3社が厳選して将来性がある土地をピックアップしてくれました
一体どこなんでしょうか?

住みたい街ランキング2016

1位、恵比寿
2位、吉祥寺
3位、横浜
4位、武蔵小杉
5位、自由が丘
6位、目黒
7位、池袋
8位、新宿
9位、東京
10位、二子玉川

※関東の住みたい街ランキングsumo調べ
おなじみの街が並んでいます。

将来まで見据えている不動産のプロはどんな街をオススメするのでしょうか?

家賃が安くて
自分達が良く行く場所までのアクセスが良くて
新宿から自転車で15分いないの所など

エイプルがオススメは

小岩

小岩は千葉県との県境で東京の東の端にある街
昔懐かしい商店が並ぶ昭和レトロなイメージがありましたが・・・

JR小岩駅の再開発計画がスタートしました。
現在は再開発が進んでいます。
数年後には全く新しい街に生まれ変わります

保育ママ制度(江戸川区)

昭和44年には保育ママ制度を導入しています。
子育てに優しい町なのが魅力です。

小岩からのアクセスは

秋葉原まで15.6分
東京まで17分
アクセスが良いです。

小岩の家賃の標準は?

現時点でも家賃が2DKで7万3千円とかなりお安めです。
(2017年3月5日時点CHINTAI調べ)

あつまる不動産オススメは

立川

東京の西側多摩地域にある立川はここ数年でIKEA・ららぽーとなど注目の大型施設が次々にオープンしています。

国立音楽大学・一橋大学・中央大学など、周辺に音大をはじめとして大学が多い事もありアカデミックな雰囲気の街です。

家族に嬉しい施設が充実

街の至る所にパブリック・アートがかざられています。
憩いの場になってお洒落です。

東京ドーム40個分もあるという国営昭和記念公園があります。
およそ4万冊のマンガを所蔵している立川マンガパークなど家族に嬉しい施設が充実しています。

立川からのアクセスは

中央線・南武線をはじめ4つの路線がアクセスしています。
新宿まで約26分というベッドタウンです。

立川の家賃の標準は?

立川の家賃が2DKで6万7千円
(2017年3月5日時点CHINTAI調べ)

 

さくら事務所オススメは

北千住(きたせんじゅ)

東京の昔ながらの町並みが残る下町というイメージがありますが実際は住みやすいです。

荒川と隅田川に挟まれた東京の北側の町
実はここ数年で大きな変化があったんです。
それは若者の増加です。

若者が行き交う街に変身

北千住には2000年以降・東京電機大学・東京未来大学・放送大学・帝京科学大学・東京藝術大学など5つの大学がキャンパスを構えて多くの若者が行き交う街となりました。

その影響で、駅周辺には丸井などの商業施設がオープンして町全体が活気づいています
昔ながらの商店街もあるので幅広い世代から支持されています。

北千住からのアクセスは

更に北千住は日比谷線・つくばエクスプレスなど多くの路線が乗り入れていますので上野まで9分です。

家賃相場の割に乗り入れていますので、上野まで9分とかなり便利ですね。

北千住の家賃の標準は?

北千住の家賃が2DK8万2500円
(2017年3月5日時点CHINTAI調べ)

 

「住みたい街ランキング」2017不動産のプロが選ぶ街はどこ?まとめ

固定費でかかる家賃は引っ越し費用もばかにならないのでなるべくなら安く抑えたい物。
だからと言って交通費がとても高くなっては意味がありません。

不動産のプロがオススメする街はどれも東京都下なのにけっこう家賃は抑えられていますね。
特に立川は6万円台で2DKというのはかなりお得ですよね。

交通も新宿まで1本で26分で出れるとなると検討の余地はあると思いました。
引っ越しを検討する時は住みたい街で調べて、家賃面や間取りの面ばかりに目が行きますが、さすがプロの不動産、アクセス状況についてもしっかり調べてくれているのがとっても嬉しいですね。

地方から学校や転勤など、色々な事情で引っ越しをしないといけない状況に有る方にはとってもわかりやすい物件探しのアドバイスになったと思います。

今日のヒルナンデス!のプロの不動産屋のオススメ街も踏まえてぜひ失敗しない不動産屋選びを期待します。